HOME > 白髪染めの仕組み > 白髪染めの仕組み

白髪染めの仕組みとは

白髪染めは白髪を染めるために特化した作りをもち、2つの役割となる元が入っています。1剤とはアルカリ剤、キューティクルを開き酸化染料が髪の内部に浸透する効果をもたらし、2剤の過酸化水素水の働きと1剤の酸化染料が結合し発色が発生し、脱色等も同時に行われます。黒髪を染める仕組みと白髪を染める仕組みはどちらも基本的には同じとなります。

白髪染めのための知識

白髪染めの薬剤は2つに分かれていて、それぞれの効果を合わせて染毛されます。結果として酸化染料が結合し、分子のサイズが大きくなることになって染料が定着し出られなくなるという仕組みです。このような働きを知っておくことは必須ではありませんが、あるいはプロの美容師さんにとってはうまく使いこなすために必要な知識と言えます。

このページのトップに戻る