HOME > 白髪染めの仕組み > 髪が染まる仕組み

染毛の仕組みとは

化学的な反応でキューテイクルに成分が潜むことによって定位するのが髪が染まる仕組みです。また染まりたい色については元の色によって結果にもパターンがあり、例えば明るい茶色の毛を茶色で染めても、明るい色にはならない、など結果が微妙に変わってきますので注意が必要です。自分にあったカラーを選ぶことも大事、専門の方に是非相談しましょう。

髪が染まる仕組みと白髪染め

染毛剤は1剤と2剤と呼ばれる別々の成分を混ぜ合わせ、2剤の酸素の働きが1剤の成分を酸化させて発色が起こる仕組みになっています。カラー系のもので黒髪を染める場合でも、白髪染めでも基本は同じで、染毛成分の量や配合のされ方により違いがあると言えます。染毛は地肌のケアが大事でよく成分を確認することが決め手となります。

このページのトップに戻る