HOME > 白髪染めの仕組み > 白髪染めが髪を傷める理由

白髪染めと髪の傷み

白髪染めの仕組みの説明によく見られるように、2剤の過酸化水素がたんぱく質を破壊してしまうため、ヘアカラー等を使用すると髪そのものがダメージを受けてしまいます。またキューティクルも剥がれやすくなると言われています。頭皮に異常が見られない場合でも髪質が変化したりしますので注意が必要です。またアレルギー体質の方は頭皮についてのケアが第一です。

白髪染めで髪が傷む

白髪染めにより髪質がパサパサになった、という話をよく聞きます。また酸性のリンスなどで髪を本来の性質に戻すことも可能ですが、色素が減ってしまうという弱点もあります。髪質が変化した場合は元に戻すことが非常に難しく、また地肌に異常があった場合も同様です。パラフェニレンジアミンと呼ばれる成分はアレルギー体質の方にとって大敵なようです。

このページのトップに戻る