HOME > 白髪染めの準備 > 白髪染めのバッチテストの必要性

白髪染めとパッチテスト

白髪染めをしようとした、あるいはしている方であればパッチテストをよくご存知と思います。皮膚アレルギー試験のことで、常に染める2日前にすることが勧められています。方法には種類がありますが一般的なものは2剤を使用したものがあり、非常に簡単ですが48時間放置する等の条件があり、ここで異常があった場合はキャンセルすべきと判断されます。

パッチテストの必要な場合

白髪染めの際にアレルギー予防として効果のあるパッチテストですが使用する薬剤によって必要性が変わってきます。ブリーチやマニキュアでは一般に不要と言われていますが、アレルギー以外の原因で事故があるという場合もありますので、その時は専門医などへ相談すべきでしょう。またシャンプー等トリートメント効果の高いものは不要でしょう。

このページのトップに戻る